看護師との共通点も多い?歯科衛生士という仕事について

歯科衛生士とはどういった仕事をする人たちなのか

歯科衛生士は、歯科医師の隣で業務のサポートに当たります。歯科医院に勤めることになるのが普通ですが、単独で治療を行うことはできません。あくまでも歯科医師のサポートをするのが仕事で、その意味では医師の指導の下で業務を行う看護師とも似ています。歯科衛生士になるためには、まず専門学校に通うのが一般的です。そしてその後、国家試験を受験します。国家試験に合格しなければ歯科衛生士になることができないので、当然のことですがこの資格は国家資格になります。昔は女性しかなることができなかったのですが、今では男性にも門戸が開かれています。ただし、まだ男性歯科衛生士の数はそれほど多くありません。

歯科衛生士の就職事情と労働環境

歯科衛生士の国家資格を持っていれば、歯科医院の求人に応募することができます。看護師と同じように人手不足が激しい職業なので、就職口は割とすぐに見つけられます。ただ、離職率も看護師と同じように高めです。一旦離職をしてしまうと、再就職のハードルは高くなります。どこの歯科医院も若い歯科衛生士を求めている傾向にあるからです。数が少ないこともあって、男性歯科衛生士の就職も簡単ではありません。ただ、一旦就職をしてしまえば、割と仕事はしやすいのも事実です。なぜなら、歯科衛生士はそれほど難しい作業をする必要がないからです。医療行為のほとんどはすることができませんし、歯科医師との関係性さえ良好に維持ができているなら人間関係で困ることも少ないです。

健康への意識の高まりにより歯科医院へかかる患者が増加していることや、歯科医院の過剰傾向により、歯科衛生士の求人も年々増加傾向となっています。