就職活動の面接で内定を獲得するためのコツとは!?

面接を受ける前の準備について

就職活動の面接で内定を勝ち取るためには、まずは入念な準備が欠かせません。準備のポイントは、たったの2つです。まず1つ目は服装で、応募する企業の社風を考慮し、清潔感のある服装を心がけましょう。基本はスーツで、落ち着いた色合いが無難です。続いて2つ目の準備が、質問に対する答えです。就職の面接では、自己紹介や志望動機、長所や短所、学生時代の経験などについて質問されます。それぞれの項目についてスムーズに答えられるように、事前にしっかりと練習しておきましょう。志望動機については、企業側が求める人物像をイメージした上で考えると、印象が良くなる傾向にあります。

面接での話し方や表情のポイント

面接で話す時は、いつもより少しだけトーンを上げて、わかりやすくハキハキと話すことが大切です。普段話す時よりも、少し大げさなぐらいが丁度良いです。また姿勢や表情からも、好印象をアピールできます。椅子に座る時は背筋を伸ばし、真っすぐ面接担当者の目を見ましょう。表情については、少し口角を上げることが大切です。事前に鏡を見て、明るい表情になっているかどうかチェックしておきましょう。

最後に質問をして、積極性をアピールする!

面接に終わり際で印象を良くするのが、逆質問です。面接では最後の場面で「何か質問はありますか?」と尋ねられるケースが多いです。ここでは「ありません」と答えずに、何かしら質問をしておきましょう。この時に注意したいのが、残業の有無や休日の事など、待遇に関わることを質問しないことです。マイナスな印象を与える危険性があります。逆質問の場面では、業務の内容や夢の実現など、前向きな内容で質問してみましょう。

就活の面接は、エントリーシート、筆記試験を通過した後に受ける面接のことです。人事担当者の面接や役員面接を行うのが一般的です。