工場の求人の特徴について!休みはどのような感じになるのか

工場の休みはどうなっているのか

工場の休日は大きく2つに分けられています。いずれも取引先の休みに合わせているもので、例えば簡単な作業や検査等を行う工場であれば土日が休みになりますし、大きなトラックが出入りし、騒音が大きい工場では周辺住民に配慮して土日祝日に合わせています。下請けの場合だと親会社の休みに合わせて休みを取ることが多いです。
逆に装置産業と言われる自動車を組み立てたり、鉄や半導体を扱う仕事、レストランチェーン店のセントラルキッチンのような休日の方が忙しくなる産業の下請けとなる工場の場合、土日祝日が休みにならないことが多く、平日が休みになる傾向があります。結構デメリットのように感じますが、平日休みの場合だと、休みから次の休みの間隔が短くなる傾向があるのでメリットも結構あります。

工場の求人の選び方について

工場求人の選び方として重要なのは通勤のしやすさと自分がどのように働きたいかです。
工場の中には市街地や駅から非常に遠く、通勤が非常に大変なところにある工場があります。求人に応募する前に求人票に書いてある住所、最寄りの駅やバス停をしっかりと確認しておくと後悔しなくて済みます。
お金をしっかりと多く稼ぎたいと考えているのなら深夜手当がつく夜勤がある工場で働くことをお勧めします。また、社員寮がある工場の求人の場合、住宅費をある程度浮かすことができるので社員寮に入寮してもいいと考えている場合は社員寮の有無について応募する前に確認しておくことをお勧めします。

ワールドインテックの求人情報なら