工場が一時的にラインを増やす!?その期間だけの増員方法

業績が好調な工場のフル稼働

工場の求人では、工場近くの社宅や寮に住み込みで働くものも多いです。特に業績が良い業種、また企業であればこのように工場近くに住んで働いてもらう方が便利だからです。業績が好調であれば工場としては製造ラインをフル稼働して製品を作りたいと考えます。そのために1日24時間を3交代制でラインをフル稼働させることができれば多くの製品を作り出すことができます。3交代制だと公共の交通機関が終わってしまっている夜中の出勤も考えられます。そのような通勤を考えると工場の近くに住んでもらうことでいつでも工場に出勤ができる環境ができます。これは誰かが急病になりラインに立てなくなった場合でも、補充人員を確保することも容易にできます。

増産ラインの人員を確保する

工場のラインを増やすのも増産するためです。しかし企業が常に業績が好調で増産が継続するものではないのです。通常のライン数に戻したり1日2交代制で回したりしていくこともあります。このため増産するための求人では、住み込みで働いてもらうことも考えると、出稼ぎ等である一定の期間だけ働ける人からの応募が多いです。特に北国で農業をおこなっている人は、冬には農作業ができずに出稼ぎを希望する人が多いです。しかも出稼ぎで働きに出ている間の住居も確保されているので働くには便利です。そのような人達をターゲットに、工場では求人広告を出し、その地域で集団面接を実施します。時期的にも企業の新年度は4月から始まるところが多いので、冬期間に増産をして春先から製品販売をスタートさせます。

mantomanの求人情報なら